基本的に自宅学習なので人と会話するのが苦手な人にお勧め

一度も通学せずに卒業ができる通信制大学もある

通信制大学は、基本的に自宅学習が中心となるため、人と会話することが苦手な人でも無理なく興味のある分野の学習ができるというメリットがあります。また、インターネット学習のシステムが整っている通信制大学の中には、ネット上で試験やレポート提出をすることで一度も通学せずに卒業できるところもあり、経済的な面で負担が掛かりにくいことも人気の理由となっています。最近では、希望者を対象にSNSを使った学習指導を行っているところや、メールやFAXなどで担当の教員に質問ができるところも増えています。

そこで、多くの社会人の間で支持されている通信制大学の願書やホームページなどに目を通して、自分に合う入学先を選ぶことがおすすめです。

実習やスクーリングの回数が少ない通信制大学もおすすめ

人付き合いが苦手な人が通信制大学を選ぶにあたっては、実習やスクーリングの回数が少ない大学を優先的に探すことがおすすめです。例えば、文系の経済学や法学、文学などの分野については、テキスト学習やオンデマンド学習など様々な学び方を選べる大学が多いため、人と顔を合わせずに学習をしたい人にぴったりです。また、通信制大学で教育や福祉に関する資格を取りたい場合には、数回程度の通学や実習が必要となることがあります。そのため、前もって複数の大学のカリキュラムや授業の内容などをじっくりと調べておくことが大事です。その他、卒業までに必要な単位の数や学習期間を詳しく知りたい時には、メールや電話などで興味のある大学に問い合わせをしてみましょう。

大学で正式に取得していなくても、国語の教員免許を通信講座でカバーできる方法も存在していますので、有効に活用すべきです。